ロザリオの夢分析

夢分析、波動を生活に応用する方法、イラストなどを主にした記事を書いています

暗い性格を明るくする方法

自分は人より暗い気がすると悩むことはないでしょうか?
暗い性格について書いてみたいと思います(。・ω・。)
暗いとは、単純に光がない状態です
光とはなにか..愛、理解、感謝、報恩などポジティブなエネルギーの事です
これがないと外交的な人は攻撃的になり、内向的な人は自虐的になります
暗いと人は寄り付きません
だから、自分なんかとますます暗くなる
もっとしゃべってと周りから言われるけれど、話かけても周りは暗いせいかつまらなさそう

努力しても報われない
どうすればいいんだろう?
暗い性格に生まれてしまったと諦めるか?

いやいや光を取り込めばいいんです
周りから相手にされないのにどうやって光を取り込んで明るくなるか?
まず心に詰まったネガティブを外にだします
コーヒーカップに入ったコーヒーを想像して下さい
コーヒーはネガティブです☕
ミルク(ポジティブ)をカップに入れたかったら、コーヒーをカップから出さなくてはいけません

ネガティブを出す方法(^o^)/

ノートにすっきりするまで、怒りや悲しみ、出来れば子供の頃から今までの事を書いていきます
自分に嘘をつかず、正直な気持ちを書いていきます
泣きたくなったら泣いて下さいね
涙と一緒にネガティブは外に出ます

もう、嫌な気持ちが出てこなくなったら光を取り込みます
光の取り込み方
本を使う、それもポジティブな内容の本
光、波動について書かれた本などがベストです
ゴシップやホラーなどネガティブな内容は逆に心を暗くするので駄目ですよ
いくつか推薦図書をあげると

心の発見 高橋信次
ハトホルの書
バーソロミュー
あの世に聞いたこの世の仕組み

光がある本は楽しい気持ちポジティブな気持ちになります
波動が高いから光があるのです
光はポジティブな情報です
思考をポジティブに同調させます
繰り返し読む事で今までのネガティブな思考回路に変化が置き気持ちが明るくなってきます
実際、私は心の発見を読んでから光が時々見えるようになりました
心の発見の著者は宗教家ですが、別に宗教に入る必要はないです
ホラーを読めば怖い気持ちになる
ゴシップを読めば人の不幸が楽しくなる
ポジティブを読めばポジティブが引き出されます

気持ちがある程度明るくなりネガティブな事を考えず、ポジティブに考えてると
次第に周りに人が寄り付いてきます
光に引き寄せられるからです
心の中にネガティブがあると外側に現れます
心の中にポジティブがあると外側に現れます

現実が先ではなく、心が先なのです
類似記事
ネガティブからポジティブへの道案内
http://georukuskone.hatenablog.com/entry/2017/04/29/103128
笑う方法と人間関係構築
http://georukuskone.hatenablog.com/entry/2017/04/30/085355
夢のメッセージとインスピレーション
http://georukuskone.hatenablog.com/entry/2017/04/29/115721
波動と法則
http://georukuskone.hatenablog.com/entry/2017/05/05/001724
光について
http://georukuskone.hatenablog.com/entry/2017/04/30/105946