Dさんの悲しみと私の悲しみ

このブログの説明、登場人物↓
http://georukuskone.hatenablog.com/entry/2018/05/12/230451

ずっと自分1人がNOWに片思いして苦しんできたって思っていましたがDさんも苦しんできたんだなあと感じました

NOWも井戸も気を引くような仕草をするのが上手いです

実際、井戸がDさんの前で足を子供のようにばたつかせ無邪気に身をのり出して笑いながらDさんの仕事を見ていたり

Dさんが近くに来たときDさんの方を見て、微笑みかけたりしていました


Dさんは顔に気持ちを表すのが得意じゃないようで一見、冷静に見えました

その頃はDさんは私に意識が傾いていましたが、もともと好きだった井戸がそんなそぶりをしたので井戸に気持ちが戻ったようで、その日以降くらいから井戸を見つめたり井戸の近くへ行くようになりました

私は好きな人にそんな素振りを見せるなんて恥ずかしくて出来ません

心の中で情熱を燃やすしか出来ません

物理的世界では気持ちは表情や行動を通してでしか伝わりません

井戸やNOWからしたら何の特別な気持ちもない惹き付けるような仕草や行動は私達を惹き付けます

そして自分達にない表現力を持った彼らのとりこになります、しかし時折、自分だけじゃない皆にそうなんだって現実を突き付けられます

悲しくなり諦めたくなるけど、また惹き付ける行動をとられ戻されるをループします

そうこうし私達は年をとっていきます
親からは早く結婚しろと言われたりもします

Dさんは井戸を好きだったけど、自分はふさわしくない。井戸には自由に生きてほしいと思ったから身を引いて他の女性と結婚する道を選んだのかもしれません

私はNOWを避けることで逃げようとした
Dさんは結婚することで逃げようとした

でも依然、井戸への気持ちはなくならない
そんな時、私を少しだけ意識することで井戸への気持ちを緩和できた

私がそうだったから、もしDさんが鏡ならそうなのかもしれません

現在のDさんは空っぽの伏せられたコップでした

満たされない
何もない
でも、もう何もいらないやって気持ち



イメージの中でもういいよと言いました

Dさんを傷つけてしまった
私は今はNOWではなくDさんが好きです

不器用で優しいDさんが好きです