【瞑想DE Q&A】枠(制限)を持った人に対する恐怖をどうしたらいい?

前回からの流れで

ある人から冷たい態度をとられ心に小さな痛みが起きました

小さな痛いは蓄積していくと激しい怒りや悲しみとなり、ある時爆発します

この小さな痛みの内にどう対処したら良いでしょうか?

捉え方が自分を責めるものになっているという解答が返ってきました

自分を責めない捉え方はなんでしょうか?

攻撃的な気持ちや不安は狭い枠組みを通ることで起きている

枠組みを放棄しなさい

枠組みのない捉え方とは、どんな捉え方ですか?

すべては繋がっている、すべては1つの存在であり神なり

すべては1つという捉え方は分かりますが実践するとなると恐れが制限をかけてきます

無視されたり冷たくされる、分け隔てをされる、居ないところで悪い噂をながされるなど、他の人のかけた制限と関わることは恐怖を感じさせます

なので、この人には深入りしない、関わらないなど自分を守るための制限を作り出してしまいます

他人が作り出した制限に対する恐怖にどのように立ち向かえば良いでしょうか?


🌱A アルファベット

🌱A ガム

🌱A 夜景

🌱A 遊園地

🌱A しなければいけない

🌱A 傾き


🌱A 道具を使う

🌱A 石

🌱A ヘアーアイロン

🌱A 散らばる

🌱A 塵取り

🌱A トグロを巻いた蛇



【解釈】
みんな名前も違い個性も違う
それぞれが色々な気持ちを味わっている

周りの景色が明るければ、よく見えて道にも迷いにくくなるが夜なら何も見えず迷子になってしまうかもしれない

景色を暗くしているのは恐怖という闇です

私達は遊んでいるのです、色々な恐怖やスリル、楽しさで

恐怖さえも魂の視点から見ればアトラクション(ジェットコースターなどの)なのです

こうしなければならないというのは偏った考えです


あなたが持つ道具を使って下さい

意思という道具です

私はこうするという意思が熱を生み出し、それが
恐怖と欲望の波動(ウェーブ)を真っ直ぐに近づけるのです

散らばった意識を集めて落ち着いて下さい


👩う~ん、どうやら他人の事がどうのこうのという事より自分の内側をしっかりしていけとのことのようです