読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロザリオの夢分析

夢分析、波動を生活に応用する方法、イラストなどを主にした記事を書いています

夢分析 高い波動

f:id:georukuskone:20170521022105j:plainわたしは、よく高い波動とか、ブログで書くけど、高い波動ってなんか漠然とした言葉だなと思います

ネガティブからポジティブへの道案内という記事でも高い波動の状態を書いたけどなんか、あんまり上手く説明できてない気がしてました(-_-)

なので、もう少しこれまで見た夢を例にあげながら書いていこうかなと思います

高い波動に上がった時は、感謝しようとか、愛そうとかそういう感じではなく

しようとしなくても自然に沸き上がってくる感じになります

だから、言葉では説明できず、ただそうあるだけとしか言い表しようがありません

また、高い波動の時は悪く言われても低い時程ダメージをうけません

例えば私は、昔飲み会で、「なんでアイツが来るんだよ!部屋でラーメンでも食べてればいいのに」
と言われました
でも、全然傷付きませんでした
波動が高かったからです

でも、波動が落ちた時に、その言葉を思いだしたら、イライラしてきました

また、高い波動になると、人が寄ってくるようになります
そうすると、期待に応えなきゃって、プレッシャーをよく感じました

こういう心理状態を表す夢は、

高い場所に登って行くけど、手すりなど掴まる場所がどこにもなく不安定で、ふと下を見下ろすとその高さに恐怖する

高い波動は、まだ、不慣れだったので、不安定で落ちる恐怖を感じました

あと、鋭い洞察力がありました
鋭い洞察力で、どんなネガティブに感じる出来事もポジティブに変換出来ていました

心に静けさが感じられ体の中が、清涼剤をいれたようにすーっとしていました

ハトホルの書という本がありますが、
その本にプラーナっていう生命エネルギーをプラーナ管に流すエクササイズが載っていますが、
それをやると、すーとする感じがします

幽体離脱中やると、より顕著にプラーナの流れが、わかります
時には体の中央に怒涛の滝のようなエネルギーが、
流れるのを感じることもありました

インターネットで検索したらやり方が出ているかもしれません

あと、仕事中に、ひらめきが、ラッシュのように起こりました、波動関係の知識は、この時得ました

高い波動領域には、智恵が存在します
その領域に達した事がなかったから知らなかっただけで、本当はずっとこの智恵はその波動領域にあったのです

内側にあるものは外側に表れるという言葉も智恵です

で、話は変わりますが、低い波動領域を抜けたとき感じるものは、希望です
状況は悪いままだけど、心の中は何か変わったとかんじます

やっとここまで来た、そういう感じです

一番苦しい領域は、同じ思考が何回もぐるぐる回り
感情が荒れ狂う領域ですが、ここさえ抜ける事が出来れば後は、そんなに大変じゃないと思います

これを表す夢は、

家の中にいると、老婆が、家の中に入って来ようとする
その時私は、恐怖と興奮を同時に感じている
家の中にいた黒猫が暴れだし、手がつけられないので、外に出す

家の中に入って来ようとする老婆は、そとから受ける刺激、例えば不快に感じる出来事とかで、
それを受けて心の中が恐怖と欲望の波動になってしまう
暴れる黒猫は、恐怖で本能や感情が暴れている状態
そのままその気持ちを持ち続けるのは、苦しいので、外に出す
外に出す時、人にぶつけると相手を傷つけるので、ノートに書くのが良いと思います

地獄から天国への道のりは、あの世の世界地図3
という本を読むとよく分かると思います

私は、よく感動して泣きました
トーリーは、死んだ恋人の事が知りたくて霊媒師に頼んで状況を知るが、恋人は地獄に落ち、醜い姿になっていた
恋人は地獄に落ちた霊の救済活動を行いながら、徐々に高い天国へ昇ってゆくという内容です
なんか、あまり上手く説明出来てませんが(^o^;)

ネガティブからポジティブへの道案内
http://georukuskone.hatenablog.com/entry/2017/04/29/103128